読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

i-phone-Gunquon

バンダイナムコ・ガンダムコンクエストの攻略を書いているブログです。

続!戦争・通常戦の戦い方について

今日は戦争に出られている方を対象に記事を更新したいと思います。

 

まず初めに自分の部隊のコンセプトと相手のコンセプトを考えましょう。

通常戦の場合良く見かけるのは、

・機動盾

・装甲盾

・バリガー

の3種類ではないでしょうか。

 

勿論高ランカー2000位くらいの方でしたら、

・支援攻撃

・全能

・全方位なども考えられると思います。

 

これらをランカーでも上手く組み合わせた方が強い編成ではないでしょうか。

 

相手がどのような機体とスキルそしてパイロットとサポートを付けて防衛するのか、

またそれらを倒しきるかが戦争の醍醐味だと思います。

 

f:id:star_dust_gumdam:20161014173620j:plain

とあるように、2時間ないし4時間付きっ切りになる事は難しいですが、

戦場をじっと見ていると防衛サイドでは相手が投げてくる部隊を見極める術というものもあります。

 

それは、相手の戦艦が近くにいる場合は難しいですが、

6マスくらいから離れていると、その着弾時間を見るとある程度の機動力というものが見えてくると思います。

 

6マスくらい離れていてなんか着弾時間短くね?(;゚Д゚)なら機動盾である。

またそれよりも体感がもっと長くかかるようなら、装甲盾かな?というように僕は判断するように心がけております。

 

僕が相手が機動盾の場合簡単に対策する事は

アタッカーに対してSUガードを駆使した縦列ないし貫通誘導攻撃がかなりの策になるかな。といつも思っております。

 

勿論上記にも下記にもこの事に限ったわけではありませんが。

 

機動盾は自己バフの他にSUで機動と演算を上げる機体を入れて、その昔アレックスコンクエストという名前にまでなった強化攻撃【機動力】などを入れている場合があります。

 

これもガードで守る事が出来ます。

 

という事を逆手に取ると機動盾にはガードを崩すようなサポないしスキル・スタン等を入れている方が安定するかもしれませんね^^

 

アタッカー以外は沈んでしまっても、アタッカーが全てをやっつければ、その戦いは勝利になります。

 

そして、こちらから攻めた時に戦争が上手な方は防衛機体を毎回変えてくると思います。

 

しかしながら、こちらから投げた→負けた→次に投げるのは、それの対策部隊を一応投げるようには心がけております。

 

相手を見て、どのような編成をしているか。クセみたいなものも最近は感じるようになってきました。

 

これは一つの機体を上手く活かした編成であるのか?または全体を強化して戦うのが上手な方なのか、はたまたこちらをデバフで骨抜きにするのがうまい方なのかな?

 

などなど、最近は直近のログを見て色々と相手の事を考えるようになりました。

 

対策や考え方は人それぞれでございます◎

 

勿論高ランカーの方は、全くこの限りではありませんし、並みの編成ではまず勝てないので諦めましょう。w

 

僕にはまだまだ挑戦することすら難しいレベルですw

 

次にもう少し踏み込んだ話をすると、小隊戦などもやっていると、

こちらから投げる→5部隊抜いちゃった!(;゚Д゚)

みたいな事があるのですが、5部隊も7部隊も入れないようにしましょう。

 

戦艦での受けでは入れても2部隊まで。戦争終戦間際なら3部隊まで。

と戦争とは【時間との闘い】でもあるので、大部隊を入れても相手に勝てる見込みがある場合はいいです。

 

しかし負けてしまうと、エースも狩れなくなる場合がありまし、修理も追いつきません。受ける場合は2部隊位で1部隊目を削り部隊用にRで編制した部隊とそれの対になるようなエース部隊等々。

 

先制でワンチャン少しでも被弾出来れば、後続の部隊の負担も少なくなることがあります。

 

そして、受ける事はENが無くてもパイロットもサポートも機体も運用が可能なこともお忘れなく!

 

戦争は1部隊で強くなくても、2部隊、3部隊で勝てればそれもいいんです。

 

だって戦争ですから!

僕たちは「総督」ですよ!

部隊編成も戦争での立ち回りも戦略です。

 

2時間しかない時間を無駄にしないように、どのポジションに立って、どのように戦うかは人それぞれ楽しめると思います。

 

空受けも結構。戦略的に受けない事も立派な戦術です。

 

star-dust-gumdam.hatenablog.com

以前書いた対策系の内容です。

 

次は具体的な編成例をあげた対策に関してご紹介をしていきたいと思います。

お楽しみに~!

 

P.S

修理施設は、皆さん真ん中のわかりやすい位置に建設するようにしてくださいね(´;ω;`)